キャッシングの督促とは?

キャッシングの返済に遅れるということは、約束を守らないということです。
お金を貸した側としても、きちんと返済の約束を守ってもらわないと困ります。
そこで、返済に遅れた方に対して、返済を促す「督促」を行います。
返済の「督促」は段階的に行われます。
まず、返済日に入金がなければ、担当者から電話が入ります。
固定電話や携帯電話に連絡が入り、返済できていないことの連絡が行われます。
この段階ですと、担当者の口調もそれほどきついものではありません。
次の段階では、勤務先に電話が入ります。
徐々に担当者の対応も厳しくなってきますので、早急に返済を行うようにしましょう。
それでも放置していると、今後は文書での通知が行われます。
「督促状」と呼ばれる文書は、最初は普通郵便ですが、そのうちに書留郵便、そして配達証明郵便へと、より深刻な状況になってきます。
文書の内容も、徐々に厳しくなってきて、ついには「法的整理」という文言が登場します。
同時に訪問による取り立ても行われます。
現在の取り立ては、法律によって時間帯などが制限されており、昔のような威圧的な態度も禁止されています。
しかし、会社側も貸したお金を返してもらうまでは引き下がるわけにはいきません。
強圧的な態度を行わない分、回収は粛々と進んでいきます。
最終の「内容証明郵便」が発送されても、返済に進捗が見られない場合には、資産処分や差し押さえが行われることになります。
このような状況になってしまうと、解決策を見出すことも難しくなります。
万が一返済できない状況になった場合には、早急に担当者に相談しておくようにしましょう。